SmartHR

従業員30名までは無料で利用できるSmartHR、労務管理システムの導入のスタートとしてコストもなく利用しやすいです。

なぜ、おすすめしているかというとSmartHRは機能が社内で運用しやすいようになっていて、業務効率改善につながるからです。

最初の初期設定はどのシステムを利用しても少し難しいところもあるので、チャットサポートや社労士などの専門家と一緒に進めることもよいと思います。

利用時のポイント

利用時のポイントは、「従業員が自分で行う」ことです。

スマホを持っていない場合も社内あるいは店舗にiPadを準備することで、そこから登録することも可能です。

入社時の情報の登録、引っ越しや結婚など登録内容に変更がある場合の登録や年末調整といったことを従業員自身に入力をしてもらいます。

それにより、今まで社内の担当者が行っていた資料の回収、確認、入力といった業務を削減できます。

また年末調整は扶養控除等申告書などの資料の配布もなく、入力も質問形式でわかりやすく回答できるようになっています。年末調整の処理は毎年時間がかかっている会社も多いのではないでしょうか。

書類がなかなか集まらない、集まっても記入ミスが多いなど時間のかかることが多々あると思います。

他にも給料計算でマネーフォワードを利用していたらAPI連携でそのまま給料データを取り込むことができ、給料明細の配布もWeb上で行うことができます。

業務フローの見直し

SmartHRをうまく活用しようとしたときに、上記の機能に合わせることが大切です。従業員がシステムを使えないから担当者が入力する、といった従来の業務フローをそのままにせずに、導入したタイミングで大胆に変えてしまいます。

そのためには事前・事後での従業員への説明会を行うなどシステム以外の準備も計画的に進めていかなければいけません。

冒頭でもお伝えしたとおり、30名までは無料で利用できるのでシステム導入を検討している方はこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

社労士オフィスサンライズでは人事労務の専門家として導入サポートだけでなく、従業員の方への説明会もサポートしております。

今から導入・運用を始めれば年末調整の時期には操作にも慣れてきます。今回の年末調整から効率よく作業を進めてみませんか?

今回紹介したSmartHR以外にも、マネーフォワード、freee、ジョブカンなどの各種クラウドシステムもサポートしています。これらを導入することで、労働時間のリアルタイムでの把握・分析、生産性向上につなげることができます。ぜひご検討ください。