就業規則とは 簡単 わかりやすく
労務社長労務社長

そもそも就業規則とはどういうものなんだろう?新入社員に説明したりするときにどう伝えよう・・・

いしかわいしかわ

就業規則という言葉は聞いたことはあるが、どのようなものか詳しい内容まではわからない、という方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では就業規則を簡単に、わかりやすくお伝えしますので、新入社員や社員の方に説明するときの参考にしてください!

就業規則とは

就業規則とは わかりやすく

まずは就業規則についてどんなものか簡単に解説します。

就業規則とは、わかりやすく言うと労働条件や規律を定めた会社のルールのことです。

会社と労働者がお互いルールを守ることで、安心して働くことができ、トラブルの防止にもつながります。

ルールといっても会社がすべて自由に決めることができるわけでなく、労働基準法をはじめとした法律を違反する内容を定めることはできません。

就業規則の労働基準法上の位置づけ

就業規則 労働基準監督署

就業規則は労働基準法上ではどのように定められているか、もう少し正確に説明します。

労基法では以下のように規定しています。(内容は後述しますので引用部分は飛ばしても構いません)

第八十九条 常時十人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とする。

一 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項

二 賃金(臨時の賃金等を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項

三 退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

三の二 退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項

四 臨時の賃金等(退職手当を除く。)及び最低賃金額の定めをする場合においては、これに関する事項

五 労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項

六 安全及び衛生に関する定めをする場合においては、これに関する事項

七 職業訓練に関する定めをする場合においては、これに関する事項

八 
災害補償及び業務外の傷病扶助に関する定めをする場合においては、これに関する事項

九 表彰及び制裁の定めをする場合においては、その種類及び程度に関する事項

十 前各号に掲げるもののほか、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項

労働基準法

労働基準法では、どのような場合に就業規則の作成義務があり、何を定めるのか11項目挙げられています。

その内容について次の項目で説明していきます。

就業規則で定めなければいけない内容

就業規則 作成

先ほどの労働基準法の条文の通り、就業規則は常時10人以上の労働者を雇用している使用者(事業主)は、労働基準監督署に届出をしないといけません。

ここでは、就業規則に記載する内容と労働者が10人未満の場合について説明していきます。ざっくりと内容を押さえておきましょう。

労基法89条1号~3号:絶対的記載事項

労働基準法89条1号~3号に書かれている内容は、「絶対的記載事項」という就業規則に必ず記載するものです。

具体的には以下の事項です。

絶対的記載事項
  • 始業時刻と終業時刻
  • 休憩時間
  • 休日
  • 休暇
  • 賃金の決定、計算および支払いの方法
  • 賃金の締切・支払の時期
  • 昇給
  • 退職(解雇事由を含む)に関すること

労基法89条3号の2~10号:相対的記載事項

労働基準法89条3号の2~10号に書かれている内容は、「相対的記載事項」に該当します。会社でルールが決まっていれば就業規則に記載するものです。

具体的には以下の事項です。

相対的記載事項
  • 退職手当
  • 臨時の賃金等
  • 最低賃金額
  • 食費・作業用品などの労働者の負担
  • 安全・衛生に関すること
  • 職業訓練に関すること
  • 災害補償・業務外の傷病扶助に関すること
  • 表彰・制裁に関すること
  • その他すべての労働者に適用されること

作成義務:労働者が10人未満の場合

常時使用する労働者10人未満の場合は就業規則の作成義務はありません。

しかし、冒頭で述べたように会社のルールをあらかじめ決めておくことで、トラブル防止につながります。

作成義務はなくても作成することをおすすめします。

また、10人以上かどうかの確認方法は一時的に10人未満になる場合も10人以上に該当し、パートタイマーやアルバイトの労働者も人数に含めて計算します。

まとめ:就業規則の理解を深めましょう

就業規則 理解

今回は就業規則について、簡単にわかりやすく説明するために根本的な内容に絞って紹介しました。

実際に作成・運用をしていく場合には、今回の内容を踏まえさらに理解を深めていく必要があります。

これから作成しようと考えている方は、別の記事でテンプレートの紹介や注意点を解説していますので参考にしてみてください。