料金

基本料金

IT労務顧問

顧問契約の場合は勤怠・給料・労務管理・就業規則すべてクラウドシステムにてご対応しています。

他社では固定料金が変動したり、必須業務である労働保険年度更新や社会保険算定基礎が別料金になっている場合が多いと思います。そこでサンライズでは年度更新と算定基礎は基本業務にまとめました。(料金はすべて税抜表記です。)

アドバイザリー
3万円/月(加算なし)   
専門家に人事労務の相談をしたい!という方向け。原則チャット、メール、お電話でのご相談のみのシンプルプラン。
 
✕対面orオンライン面談    
〇人事労務の相談
〇補助金・助成金の相談
✕社会保険手続
✕給料計算
✕各種協定届出
✕導入システム選定・運用支援
オンラインプラン
3万円+1,000円×名/月
労務顧問に加え、社会保険手続業務も含むプラン。給料計算はシステム化により内製化する方へおすすめプラン。
 
〇対面orオンライン面談(月1回)
〇人事労務の相談
〇補助金・助成金の相談
〇社会保険手続
〇給料計算オンラインサポート
✕各種協定届出
〇導入システム選定・運用支援
スタンダード
5万円+2,000円×名/月
スタンダードプランに給料計算を含めたプラン。システム化しても給料計算をアウトソーシングしたい方向け。
 
〇対面orオンライン面談(月1回)
〇人事労務の相談
〇補助金・助成金の相談
〇社会保険手続
〇給料計算
✕各種協定届出
〇導入システム選定・運用支援
※社会保険手続、給料計算、システム選定以外は原則相談のみでこちらで作業が発生する場合は別途費用がかかります。
建設業の方は別途お見積りいたします。
システムの導入に関して大幅な業務フローの変更で運用設計をご希望の場合はコンサルティング費用をお見積りいたします。


どんな業務が顧問契約に含まれますか?
例えば、以下のような業務が顧問契約に含まれます。
労務相談
・賃金、福利厚生等の労働条件の相談
・労働関係法令の解釈・運用に関する助言・指導
・クラウドシステムの操作に関する相談

労務監査(スタンダードプラン以上)
・労務管理の課題とソリューション提案
・各種規定や協定、法改正への対応状況のチェック
・残業時間や有給日数、最低賃金の法定基準確認

社会保険手続
・各保険の被保険者資格の得喪、被扶養者異動、
・社会保険算定基礎
・労働保険年度更新
・賞与支払届作成
・育児休業給付手続
・離職証明書の作成

顧問契約で別料金となるもの

お客様の現在のご状況によって金額が変わってきてしまうため、下記に関してはご状況をお伺いしたうえでご提示させていただきます。

業務
費用
システム料金一人当たり500~1,000円程度/月
導入済システムにより変わります。左記は何も導入していない場合の目安です。
初期設定費用1,000円/名(初回のみ)
自社でご入力いただき確認だけの場合(導入システムによる)
500円/名
36協定作成
届出代行
15,000円(オプション)
届出している企業は毎年更新が必要です。事業所追加ごとに+5,000円

オプション費用

会社の規模、事業内容や社員数、ご依頼内容によって作業量が大きく変わりますので、下記に関しては目安としてお考えください。

業務
費用
相談料
30分5,000円
面談回数追加
30,000円/回
健康保険・厚生年金新規適用
50,000円
雇用保険新規適用
25,000円
労災保険新規適用
25,000円
労災特別加入
30,000円
助成金計画届作成・届出代行
30,000円
助成金成功報酬
(顧問先のみ)
受給額20%
最低100,000円
雇用契約書作成
10,000円/名
労働基準監督署調査立会
50,000円/日
就業規則作成
200,000円
その他諸規定整備
50,000円/規程
就業規則スタッフ説明会
100,000円/回
求人票コンサルティング
50,000円/回~
クラウドシステムコンサルティング
100,000円~

上記業務以外にもご要望に応じて別途お見積りいたします。
お気軽にお問い合わせください。