採用・求人・面接

採用は経営において非常に大切です。費用をかけて早期退職してしまったり、自社に合わない人材を採用してしまった場合にはかなりの損失になってしまいます。そのため採用には入念な準備が必要です。

採用戦略

採用活動をすると決めた場合、最初にしなければいけないことはどのような人物を採用するか具体化することです。
「経験者であれば誰でもいい」というような決め方では不十分です。誰でもいいといっても実際は経営者の方の頭の中ではどのような人物像かある程度固まっていることが多いと思います。


少なくとも、求人媒体を検討するうえで下記の点は具体化しておいた方が良いです。

  • 年齢(年代)
  • 住んでいる地域
  • これまでの経歴
  • 性格
  • どういう仕事をしたいと思っているか

ちなみに、もっと楽に決める方法は社員の中でこの社員と似た人物を採用したいと考えると決めやすいです。

具体的に人物像を考えることで、適した求人媒体がわかります。子育てのため専業主婦をしていた人がパートで探している場合と、就業中の人がキャリアアップを求めて転職先を探すのとでは、利用する求人媒体は変わってきます。

採用支援サービスでは、このような採用戦略の決定や求人方法の選定をサポートします。

求人票

戦略が定まれば、求人票を作成して募集をかけることになりますが、求人票の作成にも注意が必要です。

求職者が知りたいと思う内容、魅力的な労働条件を入れて応募まで進んでもらえるよう工夫が必要です。

サンライズでは貴社の人事労務部門の担当として求人票作成のサポートをしています。求人広告の会社に依頼する場合に同席することも可能です。
また、応募者の方が面接に進んだ際も同席して面接を行うサービスも提供しています。貴社に合った人材かといったことやなどを経営者の方とは別に客観的な立場で判断したり、面接方法のアドバイスといった、採用活動全体を通してサポートしております。
採用活動を検討される場合はぜひ一度ご相談ください!