人件費分析

自社の人員数は適正でしょうか?また、業界内で比べると賃金水準はどうでしょうか?データを分析することで、様々な課題に気づくことができます。原価管理はしっかりやっている企業が多い一方、人件費管理まで行き届いていないことあり、サンライズではサービス提供しています。

分析することでできること

前述のとおり人件費を分析することで様々な課題に気づくことができます。また、業務を改善したり、事業を発展させるなど計画を立てるときにも、現状を分析してスタート地点を知ることは非常に大切です。スタート地点がわからなければゴールまでの道のりもわからないので正しい計画は立てられません。

  • 適正人員を確認したら余剰になっているのに採用活動をしている
  • 入社8年程度で社員の転職が多く、その年代の給与水準を見ると他社より
  • 人件費率の毎年の推移を追うと上昇傾向で利益を圧迫している

例えば上記のような課題も見えてきます。
2番目に関しては新卒から見ると30歳の節目の年齢になるので転職が増える傾向にあり、優秀な人材が他社に流出しないよう施策が必要です。人事制度で対応することになりますが、優秀な人材は節目の年齢のときに他社より高い給与水準になるよう調整すること等が考えれます。

なぜ分析が可能なのか?

サンライズでは人事労務管理はすべてクラウドシステムで対応します。システム上にデータが蓄積される仕組みになっているので分析が可能です。

人事労務部門の参謀役である人事部として経営者に必要な情報を提供するという視点でサービス提供をしていますので、単なる手続き代行にとどまらず、経営のサポートまで対応しています。

会計で毎年決算を行うように、人件費も毎年分析して傾向を確認しておくことは今後の方針を考えるためにも重要事項です。人事にお困りでしたらお気軽にご連絡ください!