人事制度

既に人事制度を導入されている方は正しい人事制度で運用されているでしょうか。人事制度はどういうものか、どのようなものが望ましいか説明していきますので、これから制度を作ろうという方、既に運用している方も一度ご自身の制度と比べてみてください。

人事制度とは

人事制度の正しい運用

人事制度とは評価制度、賃金制度、等級制度が相互に影響しあって正しく運用することができます。それぞれの制度にきちんと役割があります。

評価制度は社員の行いをきちんと評価して人材育成をするため、そしてその評価が等級や賃金に反映されて昇給、昇格したりします。
賃金制度は等級や評価によってどのように賃金が変わっていくかを定めます。


等級制度はどのような制度を導入するかによりますが、社員の働きを正しく賃金に反映するには役割等級制度がおすすめです。ざっくりご説明すると役割の重要度で区分を決め、役割とその達成度が賃金や評価に反映されるものです。能力の有無ではなく、社員が実際に発揮した成果を反映することができます。

人事制度で気を付けること

適切に運用を続けること、これが大切です。
運用を続けるにはまずは正しく制度をつくらなければいけません。

費用をかけて人事制度を作ってもしばらくすると運用されなくなってしまうのを防ぐために気を付けることがあります。
例えば、複雑にしすぎないこと、経営戦略と方針が一致することなどがあります。

複雑にしてしまうと自社で運用できないため、経営戦略を反映したものでなければ人事制度を運用しても効果がでないため、いずれにしても途中で運用をやめてしまう原因になります。

サンライズでは自社で運用できるようなシンプルな人事制度、そして経営戦略をきちんと反映した人事制度構築をサポートしております。また人事制度は設計から運用に至るまでに数か月かかるため、やろうと思って今すぐできるものでもありません。少しでもご興味をお持ちいただけましたら、導入が遅くならないよう早めにご相談いただくことをおすすめます。

お問い合わせは24時間受け付けていますのでお気軽にご相談ください!